peacock blue

とある田舎の母のハンドメイド日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大人の衣服計画

二人も出産し、アラフォーへ足を突っ込むともなると、
クローゼットの中が要らない服だらけに見えて来る。

まずフリルや淡いパステルカラーが似合わなくなって来た。
ワンピースなんてマタニティになっちゃうし(実際冠婚葬祭用とマタニティ用しか残っていない)、
ひざ丈のスカートなんか履いたらコスプレみたいになっちゃうよ~

来る四十路を迎えるため、
子供部屋のクローゼットを確保するため(←最重要課題)、
今後着るべき服/着るべきではない服
を決め、クローゼットの整理を始めました。

そこで参考にした本。

「大人のためのかしこい衣服計画」
板倉直子著
主婦と生活社

「毎日おしゃれに暮らすクローゼットのルール」
株式会社エクスナレッジ

どっちも大変役立ちます。
特に前者は現代の軽服の基本形である「トラッド」を基本として
・服の買い方
・着こなしのテクニック
・老舗の良品
を紹介しているので大変参考になりました。
服を増やすのではなく、基本に沿った服に何を足すのかを考える。
流行以前に、自分に必要なものを揃えておく重要性。

これを参考に、何点か基本を買い直しました。
白いシャツや黒い(白い)ベルト、上質な黒白カットソー、上等なスカーフなどです。
意外とこんなもの、持ってなかった
持っていると大分心強いですね。


後者は本当に誰かさんの「クローゼット」を見て参考にしようというコンセプトの本。
実際使われているクローゼットなのでなかなかの説得力。
これを見て思ったのは、やはりおしゃれな人って服を沢山持っている人ではなく、
着こなし方、アレンジや流行の取り入れ方が上手な人なんだな~という至極当たり前のことでした。

30と余年服を着続けているのに、なぜ着こなしって上達しないんですかね~
しかも私ショップ店員だったのに、なんでこんな風にスタイリッシュになれなかったんだろ?

本を参考に、ハンガーを全てステンレス製のものに変えてみました。
それに、ストッカーを無印良品にしてみたりして。
うーん、クローゼットの見栄えが違う!

(でも余り収納力は上がらなかった・・・

やはり捨てるしかない!で、色々古着屋に売ってみた。

結果。
Gジャンだけ高く売れ、あとはせいぜい10円でした~


この結果から鑑みるに、やはり服は流行を追うのではなく、

高いものを長く着る
or
なるべくならブランドものを買う

べきですね。
ブランドものはやっぱり売る時高く売れるのよ~

まだまだ着こなし修行は続きます!
目指すは小奇麗なおばちゃん!!
意外とこの線が難しいことに気付き始めた夏。
スポンサーサイト
雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

伝統の花結び

風水の縁起物にはまり、
中華なストラップを作ってみたくなってアジアンノットを始めることにした。

いざ本を買って初めて見るも、これがめっちゃ難しい。
というわけでちょっと本は閉じてアマゾンを検索。

アジアン結美というキットをポチる。

プラゴムの板に番号が振っており、その順番通りに糸を通すとアジアンノットが完成するという
素晴らしいキットらしいのだが…

難しいいいい!


何というか、結局アジアンノットというのは
糸を組むところも難しいのだが(ここまではキットを使うと簡単に出来る)、
最後に糸を引き締め、形を整えるという作業が一番難しいということが判明。

しかも本だとこの「形を整える」の方法を特に記載しておらず…
(キットには形を整える方法まで書いてあったのでどうにかなりましたが)

こういうところに手が届かない本が多いのが、手芸離れに繋がっておるのでは。
初心者向けの本と銘打っておいて、割とそうでもないことが手芸本には多すぎます!

とまあ愚痴はこれぐらいにして。

<陶器ビーズのストラップ>
CA3J0540.jpg
左から吉祥結び、玉房結び、梅結び。

ストラップと銘打ちましたが、かばんに下げたり扇子に結んでも可愛いと思います。

個人的には「梅結び」が一番難易度高かった~
どれも完成まで二時間はかかりました!
玉房結びは、これひとつでも風水的にかなり縁起物の増幅効果があるそうな。
中国人は玄関にこの結びを飾るらしい・・・

<吉祥結びのピアス>
CA3J0543.jpg
スエード紐で編むとこんな感じ。
意外と今っぽく、大きなピアスに仕上がりました!
minneにて、色違いも出品中。

あんまりハマッて、ついに台湾へ紐を注文しました。
鋭意制作中です!

モチーフ繋ぎのひざかけ

10月から制作を続けていたひざかけがようやく完成!
年またがなかった。二か月で出来るとは大したもんだ。自画自賛。

主婦の友社
「決定版モチーフつなぎ50」より

☆モチーフ①②③④ひざかけ
CA3J0507.jpg
超カラフル!

こんなのが欲しい~と本を見て一目惚れして編み始めたこの作品。

全部で100枚繋ぎました。
一段一段色糸を変えてコツコツと・・・
地道な作業です。

☆アップで見て頂戴
CA3J0508.jpg

糸は指定糸ではなく、「あみもねっと毛糸ショップ」で似た色を購入。
何が大変って、似た色を探すのが一番大変でした。
編むより大変でしたよ正直

もうこたつ出したから、春先に使おーっと。
編み物 | Comments(0) | Trackbacks(-)

染め物体験

足利織物会館で染め物体験をやったよ!

きっかけはもちろん広報誌「あしかがみ」
足利繊維まつり
染め物体験、先着10名様、材料費込みで1000円!?
破格の安さやん!こりゃ行ってみるしかないでしょ~

何々、応募方法は・・・faxか往復はがき?
何とアナログ!もうちょっとやる気出してメールでの受付とかやってくれよ!!

・・・faxで応募しました。
そうしたら10日ほどではがきが来た。
10:30から開始ですって。

☆やって来ました足利織物会館。
CA3J0488.jpg

☆2階の織物伝承館、ここでやっているみたい。
CA3J0486.jpg

☆受け付けする前に伝統の足利銘仙の展示を拝見。
CA3J0482.jpg
どれも素敵。

☆おみやげコーナーもあるよ。
CA3J0481.jpg
色々繊維モノが売ってました。ストールやてぬぐいなんかが多かったです。

☆本題、染め物体験
CA3J0485.jpg

まず、染めに使う白い絹のストールを選びます。
地模様があるもの5~6種類の中から選びます。
水玉、チューリップ、さくら、ダイヤ柄、波柄などがありました。
私はダイヤ柄をチョイス。


本日染めに使うのは「五倍子」という染料。
いわゆる「草木染」をするようです。
お歯黒の原料だそうで、すえたキツイ匂いがします(虫除けにもなるそう)
絹に染めると灰~紫色になります。女性に人気の色らしいです。
全員でこの色に染めます。自由に色は選べません。


☆染めの配合、材料の用意は全部先生がやってくれるよ
CA3J0483.jpg
鍋で煮て色を付けるのですが、これを皆で交代で混ぜます。
温度は先生達が見ていてくれるので大丈夫!
途中染まりが悪かった時も、先生の応急処置でどうにかなりました。
至れり尽くせりで、失敗するなんてことはなさそう。

☆完成です!
CA3J0484.jpg


終わったのは12時すぎ頃でした。
皆が帰る用意をしていた辺りで市の広報がやって来て
「写真撮りま~す」
逃げ帰るおばさま達w
それにしても広報、来るの遅すぎるよ!
まったく足利市の広報や観光協会はヤル気ないな・・・

余談

☆おすすめ中華の店、泰鵬
CA3J0487.jpg
織物会館1階の中華料理屋、いつも混んでます。
ここのチャーハンが美味しいんだよな~

☆家に帰って来たストールさん
CA3J0491.jpg
なんとも言えないマダムなたたずまい。
講師の方が、人気の色だと説明していただけあって、どの服にも合わせやすそうな色でした。


ちなみに来年は違う色だそうで、毎年色を変えるみたいですよ。
興味ある方は是非、来年のあしかがみ11月号をチェックしてみて下さいね♪
地元 | Comments(0) | Trackbacks(-)

手芸本の限界

最近ようやく息子と娘が昼寝する時間が重なり、親は暇を得ることが出来ました。
そこでまた新たに手芸を始めたいと思い、手芸本(主にバッグ本)を探し始めたのですが・・・

あれれ?
手芸本が時代遅れになってるよ~

今は何といってもシンプル&ベーシックが華。
ファッション雑誌を眺めても、もう「森ガール」や「ほっこりさん」なんてどこにもいない!

なのに手芸本はここ20年はこの二名を探し続けているみたいです。
森ガール・・・やはり森で迷って出られなくなっちゃったのかな?

手芸の本は「時代遅れ」か「時代を先取りし過ぎ」な本に分かれるのですが、
今は時代遅れも遅れ、周回遅れという感じ・・・

シンプル&ベーシックかつ実用に耐えうる本って今まで待てど暮らせどなかなか出ませんね。
何者かに圧力かけられてるの?ってぐらい。

かつての別冊装苑みたいな、ファッション業界が本腰入れてる手芸本はないものでしょうか?
ハイブランドが自分で作れるような本。
せめて今の流行りに寄せている本。
そうでないと、ファストファッションに慣れている女性達に、絶対作って貰えないじゃないですか!
材料買うより新品買った方が安い時代なんですよ!

手芸人口が少なくなって来たからこそ、攻めて行かないとご新規さんは生まれません。
手芸業界もどんどん内向きになっているみたいで、悲しい。
手芸が「攻めていた」時代を知っている最後の世代なだけに、ちょっと今の体たらくは辛いです。

実は私、手芸の本を買っては「ご意見御寄せ下さい」ハガキをかなりの頻度で送っています。
52円切手を貼って、思いのたけをぎっちりボールペンで描き込んでポストへinしています。
amazonのレビューだって書いちゃってますよ~!

けど、なかなか意見を拾ってもらえない模様・・・


誰も見ていないかも知れないけど、思いのたけぶつけました。
手芸本作ってらっしゃる方、見かけたら是非

「シンプル」「ベーシック」「実用的」「ファスナーをきちんと使う」

こういうバッグ本を出して下さいお願いします!
ソーイング | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。