FC2ブログ

peacock blue

とある田舎の母のハンドメイド日記
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 地元
CATEGORY ≫ 地元
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

染め物体験

足利織物会館で染め物体験をやったよ!

きっかけはもちろん広報誌「あしかがみ」
足利繊維まつり
染め物体験、先着10名様、材料費込みで1000円!?
破格の安さやん!こりゃ行ってみるしかないでしょ~

何々、応募方法は・・・faxか往復はがき?
何とアナログ!もうちょっとやる気出してメールでの受付とかやってくれよ!!

・・・faxで応募しました。
そうしたら10日ほどではがきが来た。
10:30から開始ですって。

☆やって来ました足利織物会館。
CA3J0488.jpg

☆2階の織物伝承館、ここでやっているみたい。
CA3J0486.jpg

☆受け付けする前に伝統の足利銘仙の展示を拝見。
CA3J0482.jpg
どれも素敵。

☆おみやげコーナーもあるよ。
CA3J0481.jpg
色々繊維モノが売ってました。ストールやてぬぐいなんかが多かったです。

☆本題、染め物体験
CA3J0485.jpg

まず、染めに使う白い絹のストールを選びます。
地模様があるもの5~6種類の中から選びます。
水玉、チューリップ、さくら、ダイヤ柄、波柄などがありました。
私はダイヤ柄をチョイス。


本日染めに使うのは「五倍子」という染料。
いわゆる「草木染」をするようです。
お歯黒の原料だそうで、すえたキツイ匂いがします(虫除けにもなるそう)
絹に染めると灰~紫色になります。女性に人気の色らしいです。
全員でこの色に染めます。自由に色は選べません。


☆染めの配合、材料の用意は全部先生がやってくれるよ
CA3J0483.jpg
鍋で煮て色を付けるのですが、これを皆で交代で混ぜます。
温度は先生達が見ていてくれるので大丈夫!
途中染まりが悪かった時も、先生の応急処置でどうにかなりました。
至れり尽くせりで、失敗するなんてことはなさそう。

☆完成です!
CA3J0484.jpg


終わったのは12時すぎ頃でした。
皆が帰る用意をしていた辺りで市の広報がやって来て
「写真撮りま~す」
逃げ帰るおばさま達w
それにしても広報、来るの遅すぎるよ!
まったく足利市の広報や観光協会はヤル気ないな・・・

余談

☆おすすめ中華の店、泰鵬
CA3J0487.jpg
織物会館1階の中華料理屋、いつも混んでます。
ここのチャーハンが美味しいんだよな~

☆家に帰って来たストールさん
CA3J0491.jpg
なんとも言えないマダムなたたずまい。
講師の方が、人気の色だと説明していただけあって、どの服にも合わせやすそうな色でした。


ちなみに来年は違う色だそうで、毎年色を変えるみたいですよ。
興味ある方は是非、来年のあしかがみ11月号をチェックしてみて下さいね♪
スポンサーサイト
地元 | Comments(0) | Trackbacks(-)

稽古見学へ

我が町に力士の合宿がやって参りました!

☆ただし全員幕下以下の力士
CA3J0218.jpg
陸奥部屋の力士達です。

夫、娘と共に行きました。
娘は夢中で見ていましたが、お相撲さんが隣を通りかかるたびに泣きそうに…

しかし、こんなに辛い稽古を、朝ごはんも食べずにこなすお相撲さん達は凄い!
師匠も指導に熱が入ります。
「もうやめるのか?」と尋ねられてばかりいる細~い(といっても筋骨隆々)お相撲さん…
「はい」などと言えるわけもなく、黙々とダンベルと四股をこなしていました。
大きな方々はぶつかり稽古。

地味ながら、相撲土産の販売もしていました。
遠藤や稀勢の里キーホルダーなんかも売っていましたが、
陸奥部屋と何の関係もない(笑)

「陸奥グッズはないんですか?」と販売のおばさまに尋ねたら、
「ないわよ!誰も幕内にいないし!」
とにべもない答え。

とりあえず、来た記念にてぬぐいを購入。

☆相撲手形のてぬぐい
CA3J0219.jpg
横綱・大関陣の手形が並ぶ中、なぜか唐突にブチ込まれる遠藤。

販売のおばさんは
「遠藤はね~人気があったからグッズになってるのよ~」
と何気に毒を連発。



陸奥部屋の力士にも、遠藤にも、頑張って欲しいですね!
地元 | Comments(0) | Trackbacks(-)

両毛地区を応援しよう

このタイトルについて説明しなければなりません。
「両毛地区」とは何ぞや?
私の住んでいる地区であります。…答えになってない?

「両毛」とは群馬県太田市、桐生市、館林市、栃木県足利市、佐野市などの
栃木・群馬の南よりの県境付近をまとめて名付けた
「地区」の総称であります。

この地区の繊維業界はmade in Chinaに押されて壊滅状態にあったのですが、
最近になってmade in Ryomoをキーワードに
国産繊維の技法を残そうと言う試みが始まっているそう。

私も手作りをたしなむ一人。
何とか応援したいな~と常々思っていました。
そんな時、フェイスブックにて気になる情報を発見。

イノテックス・ジャパンという企業のギャラリーで、
made in Ryomoのセールを行っている…らしい。

早速行ってみました。
そして気に行った一品を購入。

☆足利銘仙の絹ストール
CA3J0211.jpg

足利銘仙の織機は戦中の物資調達に駆り出され、
絶望的なまでに数を減らしてしまいました。
現在残った数少ない織機で織ったのがこの作品なのだそう。

☆広げた様子
CA3J0213.jpg
銘仙の特徴である、ぼんやりした模様。
お花の模様だそうな…言われてみないと分からん!
でもそのユル感がむしろ可愛い!

☆フリンジ
CA3J0212.jpg
フリンジにも模様が入っているのをお気付きでしょうか?
糸から模様を作るのが銘仙。
最初から糸に色が付いているので、模様が入るのですね。

実物はもっとゴールドっぽい光沢があって、驚くほどゴージャスです。
実物見せられないのがちょっと悔しい。

他にもベッドリネンや服なども売っていました。
セール期間は終わってしまったみたいですが、お近くにお住いの方々は是非行ってみては?
企画展などもたまに行っているそうですよ。
地元 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。