peacock blue

とある田舎の母のハンドメイド日記
2016年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月
ARCHIVE ≫ 2016年11月
      

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

染め物体験

足利織物会館で染め物体験をやったよ!

きっかけはもちろん広報誌「あしかがみ」
足利繊維まつり
染め物体験、先着10名様、材料費込みで1000円!?
破格の安さやん!こりゃ行ってみるしかないでしょ~

何々、応募方法は・・・faxか往復はがき?
何とアナログ!もうちょっとやる気出してメールでの受付とかやってくれよ!!

・・・faxで応募しました。
そうしたら10日ほどではがきが来た。
10:30から開始ですって。

☆やって来ました足利織物会館。
CA3J0488.jpg

☆2階の織物伝承館、ここでやっているみたい。
CA3J0486.jpg

☆受け付けする前に伝統の足利銘仙の展示を拝見。
CA3J0482.jpg
どれも素敵。

☆おみやげコーナーもあるよ。
CA3J0481.jpg
色々繊維モノが売ってました。ストールやてぬぐいなんかが多かったです。

☆本題、染め物体験
CA3J0485.jpg

まず、染めに使う白い絹のストールを選びます。
地模様があるもの5~6種類の中から選びます。
水玉、チューリップ、さくら、ダイヤ柄、波柄などがありました。
私はダイヤ柄をチョイス。


本日染めに使うのは「五倍子」という染料。
いわゆる「草木染」をするようです。
お歯黒の原料だそうで、すえたキツイ匂いがします(虫除けにもなるそう)
絹に染めると灰~紫色になります。女性に人気の色らしいです。
全員でこの色に染めます。自由に色は選べません。


☆染めの配合、材料の用意は全部先生がやってくれるよ
CA3J0483.jpg
鍋で煮て色を付けるのですが、これを皆で交代で混ぜます。
温度は先生達が見ていてくれるので大丈夫!
途中染まりが悪かった時も、先生の応急処置でどうにかなりました。
至れり尽くせりで、失敗するなんてことはなさそう。

☆完成です!
CA3J0484.jpg


終わったのは12時すぎ頃でした。
皆が帰る用意をしていた辺りで市の広報がやって来て
「写真撮りま~す」
逃げ帰るおばさま達w
それにしても広報、来るの遅すぎるよ!
まったく足利市の広報や観光協会はヤル気ないな・・・

余談

☆おすすめ中華の店、泰鵬
CA3J0487.jpg
織物会館1階の中華料理屋、いつも混んでます。
ここのチャーハンが美味しいんだよな~

☆家に帰って来たストールさん
CA3J0491.jpg
なんとも言えないマダムなたたずまい。
講師の方が、人気の色だと説明していただけあって、どの服にも合わせやすそうな色でした。


ちなみに来年は違う色だそうで、毎年色を変えるみたいですよ。
興味ある方は是非、来年のあしかがみ11月号をチェックしてみて下さいね♪
スポンサーサイト
地元 | Comments(0) | Trackbacks(-)

手芸本の限界

最近ようやく息子と娘が昼寝する時間が重なり、親は暇を得ることが出来ました。
そこでまた新たに手芸を始めたいと思い、手芸本(主にバッグ本)を探し始めたのですが・・・

あれれ?
手芸本が時代遅れになってるよ~

今は何といってもシンプル&ベーシックが華。
ファッション雑誌を眺めても、もう「森ガール」や「ほっこりさん」なんてどこにもいない!

なのに手芸本はここ20年はこの二名を探し続けているみたいです。
森ガール・・・やはり森で迷って出られなくなっちゃったのかな?

手芸の本は「時代遅れ」か「時代を先取りし過ぎ」な本に分かれるのですが、
今は時代遅れも遅れ、周回遅れという感じ・・・

シンプル&ベーシックかつ実用に耐えうる本って今まで待てど暮らせどなかなか出ませんね。
何者かに圧力かけられてるの?ってぐらい。

かつての別冊装苑みたいな、ファッション業界が本腰入れてる手芸本はないものでしょうか?
ハイブランドが自分で作れるような本。
せめて今の流行りに寄せている本。
そうでないと、ファストファッションに慣れている女性達に、絶対作って貰えないじゃないですか!
材料買うより新品買った方が安い時代なんですよ!

手芸人口が少なくなって来たからこそ、攻めて行かないとご新規さんは生まれません。
手芸業界もどんどん内向きになっているみたいで、悲しい。
手芸が「攻めていた」時代を知っている最後の世代なだけに、ちょっと今の体たらくは辛いです。

実は私、手芸の本を買っては「ご意見御寄せ下さい」ハガキをかなりの頻度で送っています。
52円切手を貼って、思いのたけをぎっちりボールペンで描き込んでポストへinしています。
amazonのレビューだって書いちゃってますよ~!

けど、なかなか意見を拾ってもらえない模様・・・


誰も見ていないかも知れないけど、思いのたけぶつけました。
手芸本作ってらっしゃる方、見かけたら是非

「シンプル」「ベーシック」「実用的」「ファスナーをきちんと使う」

こういうバッグ本を出して下さいお願いします!
ソーイング | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。