peacock blue

とある田舎の母のハンドメイド日記
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年07月
ARCHIVE ≫ 2017年07月
      

≪ 前月 |  2017年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大人の衣服計画

二人も出産し、アラフォーへ足を突っ込むともなると、
クローゼットの中が要らない服だらけに見えて来る。

まずフリルや淡いパステルカラーが似合わなくなって来た。
ワンピースなんてマタニティになっちゃうし(実際冠婚葬祭用とマタニティ用しか残っていない)、
ひざ丈のスカートなんか履いたらコスプレみたいになっちゃうよ~

来る四十路を迎えるため、
子供部屋のクローゼットを確保するため(←最重要課題)、
今後着るべき服/着るべきではない服
を決め、クローゼットの整理を始めました。

そこで参考にした本。

「大人のためのかしこい衣服計画」
板倉直子著
主婦と生活社

「毎日おしゃれに暮らすクローゼットのルール」
株式会社エクスナレッジ

どっちも大変役立ちます。
特に前者は現代の軽服の基本形である「トラッド」を基本として
・服の買い方
・着こなしのテクニック
・老舗の良品
を紹介しているので大変参考になりました。
服を増やすのではなく、基本に沿った服に何を足すのかを考える。
流行以前に、自分に必要なものを揃えておく重要性。

これを参考に、何点か基本を買い直しました。
白いシャツや黒い(白い)ベルト、上質な黒白カットソー、上等なスカーフなどです。
意外とこんなもの、持ってなかった
持っていると大分心強いですね。


後者は本当に誰かさんの「クローゼット」を見て参考にしようというコンセプトの本。
実際使われているクローゼットなのでなかなかの説得力。
これを見て思ったのは、やはりおしゃれな人って服を沢山持っている人ではなく、
着こなし方、アレンジや流行の取り入れ方が上手な人なんだな~という至極当たり前のことでした。

30と余年服を着続けているのに、なぜ着こなしって上達しないんですかね~
しかも私ショップ店員だったのに、なんでこんな風にスタイリッシュになれなかったんだろ?

本を参考に、ハンガーを全てステンレス製のものに変えてみました。
それに、ストッカーを無印良品にしてみたりして。
うーん、クローゼットの見栄えが違う!

(でも余り収納力は上がらなかった・・・

やはり捨てるしかない!で、色々古着屋に売ってみた。

結果。
Gジャンだけ高く売れ、あとはせいぜい10円でした~


この結果から鑑みるに、やはり服は流行を追うのではなく、

高いものを長く着る
or
なるべくならブランドものを買う

べきですね。
ブランドものはやっぱり売る時高く売れるのよ~

まだまだ着こなし修行は続きます!
目指すは小奇麗なおばちゃん!!
意外とこの線が難しいことに気付き始めた夏。
スポンサーサイト
雑記 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。